荷造りのコツと注意点

引っ越しは、荷物を全て荷造りしないといけません。
これがなかなか、一苦労になるわけですね。

そこで引っ越し荷造りをスムースに進めるやり方をここで紹介したいと思います。

当面使わないものから荷造りしていく

引っ越し荷物は、「当面使わないもの」から荷造りしていくのがコツとなります。
季節外れの衣類とか、お客様用の食器などは、まず荷造りしてしまうのはおすすめです。

また押入れの中も、早めに荷造りしてしまいましょう。
荷造りしたダンボールを押入れの中に入れておけば、ダンボールで部屋が狭くなることもありません。

ダンボールの選び方

ダンボールは小さいものと、大きめのものがあると思います。
大きなダンボールに重い荷物をいれてしまうと、ダンボールが重くなりすぎて運べなくなります。

ですから食器や書籍など、重いものは、小さなダンボールにいれるようにしましょう。
衣類など軽いものは、大きなダンボールにいれてかまいません。

ワレモノの荷造り方法

ワレモノを荷造りするには、神経を使いますね。
まずダンボールの底に、新聞紙を丸めていれるなどして、底からの衝撃がかからないようにしましょう。

その上で、食器を全て、一つ一つ新聞紙で包んで入れていきます。
食器を重ねてまとめて包むのは、食器同士がぶつかって割れることになりますので禁物です。

ダンボールに入れる際には、重いものは下に、軽いものは上に入れるようにします。
またダンボールの左右で重さが偏らないよう注意しましょう。

お皿は重ねて入れるのではなく、タテに入れるようにします。
ダンボールにすき間が出来てしまったら、新聞紙を丸めたものを詰め、中で荷物が動かないようにしましょう。

液体類の荷造り方法

調味料や液体ソープなどの液体類は、中の液体が漏れ出さないよう、細心の注意が必要です。
キャップをきちんと閉めた上、ラップをかぶせ、さらに輪ゴムでとめましょう。

ポンプ式のシャンプーなどは、特に注意が必要です。
ポンプを回し、根元まで押し込まないと、上に荷物が乗った時、液体が出てくることがあります。

注意点

引っ越し荷造りをする際には、いくつかの注意点があります。
それをここでまとめてみました。

ワレモノの詰め方について

「ワレモノを布団袋の中に入れればいい」と思う人がいるのではないでしょうか?
たしかに布団袋の中に入れれば、布団がうまい緩衝材になってくれるように見えます。

でもこれは、避けなければいけません。
ワレモノを布団袋に入れてしまうと、ワレモノが壊れる可能性が高くなります。

引っ越し業者は、布団袋をかなり乱暴に扱います。
トラックから投げ落としたり、トラックの中で隙間を埋めるために使ったりもします。

また布団袋の中だと、ワレモノが動くことになります。
動いてワレモノ同士がぶつかると、壊れる原因となってしまいます。

現金・通帳など貴重品の扱い方

現金や通報、有価証券、貴金属など「貴重品」は、引っ越し荷物に入れてはいけません。
引っ越し業者は貴重品を運べないことになっていますから、万が一なくなっても補償されません。

特に注意が必要なのは、タンスや仏壇などに隠したへそくりです。
引っ越し前に忘れずに取り出しておくようにしましょう。

パソコンの引っ越し方法

パソコンを引っ越す際には、特に注意が必要です。
データのバックアップを取っておく必要があります。

業者は荷物が破損したら、それを保険で補償します。
ただ補償の範囲はあくまで「目に見える破損」で、パソコンのデータは対象外だからです。

パソコンのデータをバックアップするには、「外付けハードディスク」を利用するのがおすすめです。

You Might Also Like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です