不用品処分でお金と労力を節約

引越しはあらゆる面で費用が発生します。

すべて合計したとして、どんなに安く見積もっても最低20万円はかかるものです。
20万円と考えたとして、引越しという目線で考えれば非常に安価ですが、20万円を目の前にするとかなりの高額です。

実際多くのケースでは20万円以上はかかるので、少しでもムダなお金は削減したいものです。
部屋代にかかるものはある程度は妥協できませんから、せめて引越しの運送費くらいは抑えておきましょう。

その為に利用したいのが、引越し見積もりサイトです。このサイトを利用することで、めんどうな引越し業者への見積もりが一括で依頼できます。大手、中小問わずたくさんの引越し業者から見積もりが送られてくるので、相見積もりという意味でもかなり便利です。

引越しの運送費を1円でも安く済ませるにはうってつけのサービスです。

しかし、ここで安易にサイトを見てすぐ応募するのではなく、ちょっと一手間を加えてから見積もり依頼をするようにしましょう。
見積もりを依頼する前に、不用品がないか家中の荷物を見直します。

徹底的に断捨離をするのです。

どれが不用品かわからなくなると悩んでしまって先に進みませんので、自分で不用品のルールを作ります。
例えば半年以上使っていないものだったり、洋服だったらこの先着る気配がない洋服、読み終わった古本など、一定の基準に満たない物はすべて不用品として処分するのです。これによって荷物が減って引越しの見積もり額も大きく変わるはずです。

冷静に考えると半年以上使っていない物はゴロゴロあるはずです。
これらはリサイクルショップや古本の宅配買取サービスを利用することで手間がかからず、なおかつ買取金としてプラスで返ってきます。

不用品の処理が進んだら引越し見積もりサイトを利用します。
必要事項を入力すると1~3日くらいで十数社ほどの引越し業者から見積もりが送られてきます。

この見積もり価格をよく見て、二番めに安い業者に注目するようにします。

二番目に安い引越し業者は更に安くなる見込みが高いです。安い価格を提示して仕事をもらおうとしても、実はそれよりも安い価格を提示する業者がいるからです。

その為、その一番安い金額提示した業者を引き合いに出して交渉をします。
一番安い金額を伝え、もうちょっと値下げできるか聞いてみて下さい。
かなり高い確率で値下げしてくれます。

こうすることで可能な限り、引越しの運送費は安くなるはずです。

フリーマーケットを利用する

でも不要品も、誰かに活用してもらうとなれば、手放す踏ん切りもつきやすいもの。
リサイクルショップも良いですが、買い手が見える「フリーマーケット(フリマ)」もオススメです。

フリマで不要品を売るのに大切なのは?

フリマで不要品を売るのに大切なのは、

・何を売るのか
・どこに出店するのか
・当日の準備をどうするのか

の3つがポイントとなります。

ポイント1 何を売るのか?

フリマに出店するにあたっては、まず不要品のリストアップをしましょう。
「こんなもの誰も買ってくれないのでは・・・」
と決めつけてしまってはいけません。
自分が「不要」と思っても、人には「欲しい」ものもあるのです。

たとえば「靴」など、「人が履いたものなど誰も買わないのでは?」と思うかもしれません。
でも靴は、フリマでは意外に売れます。

また買い物や男性用の服なども、フリマの出品が少ないため、希少価値があって売れます。
食器なども、中古でもそれなりの値段で売れることが少なくありません。

ポイント2 どこに出店するのか

フリマをどこに出店するのかは、考えるべき大きなポイントです。
商業施設で開催されるフリマは、やはりその施設にどんな人が来るのかを考える必要があるでしょう。

大規模開催されるフリマは、出店料が高いことがありますが、車で出店できるのがメリットです。
公園で開催されるフリマは、種種雑多な人が来るのが魅力です。

ポイント3 当日の準備はどうするの?

当日は、ディスプレイを見やすくするのがおイントです。
ダンボールなどを使って、段差をつけるようにしましょう。

また衣類などは、ハンガーラックにかけるのが、サイズや柄がわかりやすいのでオススメです。
値札は一つ一つにつけなくても、分かるようにしておけばOKです。

単身引越しとペットの引越し

引越し内容別にスムーズにすすめるためのコツを紹介します。

単身引越し

単身の人が引っ越す場合には、荷物が少ないので、家族が引っ越すのとは別のやり方が考えられます。
単身引っ越しをスムースに進めるためのコツを紹介します。

荷物が少なければ自力での引っ越しも可能

単身の人で、荷物がとても少ない人は、自力での引っ越しも考えられます。
これは条件としては、「レンタカーを借りなくていい」ことだと言えると思います。

大型の家具などがある場合、自力で引っ越ししようと思ったら、ワンボックスカーをレンタルする必要があります。
ワンボックスカーを1日借りると、1万円ほどになりますので、これはかなりの出費ですね。

もしワンボックスカーではなく、自家用車で運べるような荷物だけなら、自力での引っ越しが考えられます。
また大きな荷物が1点だけなら、宅急便に運んでもらうことも考えられます。

ただし自力で引っ越しをすると、どうしてもかなりの労力と時間がかかります。
疲れて翌日の仕事に差し障りがでるようなら、業者に頼んだほうがいいかもしれません。

単身パックは割高になることがあるので注意

単身者用の引っ越しプランとして、各業者とも「単身パック」を設定しています。
ただ単身パックだと、かえって割高になることがありますので注意が必要です。

単身パックは、小さなコンテナに荷物を入れて運びます。
このコンテナが非常に小さいのが問題です。

一つのコンテナに荷物が入りきれない場合、コンテナを2つ使うことになります。
そうすると、料金は一気に「倍」近くになってしまうというわけです。

ですから単身者だからと言って、初めから「単身パック」と決めてしまうのはおすすめできません。
一括見積もりサイトなどを利用して、まず複数の業者に見積もりをして見るようにしましょう。

午後便・フリー便・混載便などの利用もおすすめ

荷物がたくさんある家族なら、引っ越しは朝からする必要があります。
でも荷物が少ない場合なら、午後からの引っ越しでも、それほど問題はありません。

引っ越しが午後からとなる午後便・フリー便は、料金が半額ほどになる場合があります。
単身者の人は検討する価値があると思います。

また長距離の場合には、複数の荷物を一台のトラックに積み込む「混載便」もおすすめです。
混載便は、到着までに日数がかかりますが、やはり料金は半額程度になります。

ペットの引越しは?

ペットを飼っている人は、引っ越しにあたってはペットも引っ越ししないといけませんね。
近距離の引っ越しなら、ペットは自分で運ぶのが一番です。
でも長距離の引っ越しとなると、なかなかそういうわけにはいきません。

ペットの引っ越しは、引っ越し業者は請け負ってくれません。
ペット輸送の専門業者に頼むことになります。

ここではその概略を紹介します。

犬や猫の引っ越し

犬や猫を引っ越しするには、ケージに入れ、陸送または空輸されます。
国内であれば、どこであっても5時間ほどで輸送できます。
輸送料金は、東京・大阪間で3~4万円が目安です。

それほど長い時間はかからないわけですが、ペットは車酔いなどをすることがあります。
引っ越し当日はトイレを済ませ、食事は抜いておくことが肝心です。

金魚や熱帯魚の引っ越し

金魚や熱帯魚の、水槽や付属品は引っ越し業者が運んでくれます。
ただ金魚・熱帯魚自体は、専門の輸送業者に依頼します。

輸送には、発泡スチロールの箱の中にビニール袋を入れ、そこに水を満たして金魚・熱帯魚を入れます。
輸送時間がそれほど長くないために空気は問題ありあせんし、水が揺れるのを防ぐこともできます。

輸送料金は、東京・大阪間で4~5万円が目安です。
引っ越し3~4日前から餌止めをし、糞尿でアンモニア中毒になるのを防ぐ必要があります。

鳥の引っ越し

鳥はケージに入れ、陸送または空輸されます。
料金は、東京・大阪間で3~4万円が目安です。
鳥は車酔いしませんが、出発前の餌は控えるのがおすすめです。

爬虫類の引っ越し

ヘビやイグアナなどの爬虫類は、布袋に入れた上、ケージに入れて運びます。
東京・大阪間で3~4万円が目安です。
出発前の餌は控えるようにします。

荷造りのコツと注意点

引っ越しは、荷物を全て荷造りしないといけません。
これがなかなか、一苦労になるわけですね。

そこで引っ越し荷造りをスムースに進めるやり方をここで紹介したいと思います。

当面使わないものから荷造りしていく

引っ越し荷物は、「当面使わないもの」から荷造りしていくのがコツとなります。
季節外れの衣類とか、お客様用の食器などは、まず荷造りしてしまうのはおすすめです。

また押入れの中も、早めに荷造りしてしまいましょう。
荷造りしたダンボールを押入れの中に入れておけば、ダンボールで部屋が狭くなることもありません。

ダンボールの選び方

ダンボールは小さいものと、大きめのものがあると思います。
大きなダンボールに重い荷物をいれてしまうと、ダンボールが重くなりすぎて運べなくなります。

ですから食器や書籍など、重いものは、小さなダンボールにいれるようにしましょう。
衣類など軽いものは、大きなダンボールにいれてかまいません。

ワレモノの荷造り方法

ワレモノを荷造りするには、神経を使いますね。
まずダンボールの底に、新聞紙を丸めていれるなどして、底からの衝撃がかからないようにしましょう。

その上で、食器を全て、一つ一つ新聞紙で包んで入れていきます。
食器を重ねてまとめて包むのは、食器同士がぶつかって割れることになりますので禁物です。

ダンボールに入れる際には、重いものは下に、軽いものは上に入れるようにします。
またダンボールの左右で重さが偏らないよう注意しましょう。

お皿は重ねて入れるのではなく、タテに入れるようにします。
ダンボールにすき間が出来てしまったら、新聞紙を丸めたものを詰め、中で荷物が動かないようにしましょう。

液体類の荷造り方法

調味料や液体ソープなどの液体類は、中の液体が漏れ出さないよう、細心の注意が必要です。
キャップをきちんと閉めた上、ラップをかぶせ、さらに輪ゴムでとめましょう。

ポンプ式のシャンプーなどは、特に注意が必要です。
ポンプを回し、根元まで押し込まないと、上に荷物が乗った時、液体が出てくることがあります。

注意点

引っ越し荷造りをする際には、いくつかの注意点があります。
それをここでまとめてみました。

ワレモノの詰め方について

「ワレモノを布団袋の中に入れればいい」と思う人がいるのではないでしょうか?
たしかに布団袋の中に入れれば、布団がうまい緩衝材になってくれるように見えます。

でもこれは、避けなければいけません。
ワレモノを布団袋に入れてしまうと、ワレモノが壊れる可能性が高くなります。

引っ越し業者は、布団袋をかなり乱暴に扱います。
トラックから投げ落としたり、トラックの中で隙間を埋めるために使ったりもします。

また布団袋の中だと、ワレモノが動くことになります。
動いてワレモノ同士がぶつかると、壊れる原因となってしまいます。

現金・通帳など貴重品の扱い方

現金や通報、有価証券、貴金属など「貴重品」は、引っ越し荷物に入れてはいけません。
引っ越し業者は貴重品を運べないことになっていますから、万が一なくなっても補償されません。

特に注意が必要なのは、タンスや仏壇などに隠したへそくりです。
引っ越し前に忘れずに取り出しておくようにしましょう。

パソコンの引っ越し方法

パソコンを引っ越す際には、特に注意が必要です。
データのバックアップを取っておく必要があります。

業者は荷物が破損したら、それを保険で補償します。
ただ補償の範囲はあくまで「目に見える破損」で、パソコンのデータは対象外だからです。

パソコンのデータをバックアップするには、「外付けハードディスク」を利用するのがおすすめです。

引越し準備は重労働

家族が引っ越すという場合、主婦の人は、引っ越し準備を中心的にすることにはなりますね。
でも引っ越し準備は、かなりの重労働になります。
すべてを一人で抱え込んでしまうと、過労で倒れることにもなりかねません。

ですから引っ越し準備は、できる限り「頼める人に上手に頼む」のがおすすめです。
どんな人に、どのように頼んだらいいのかを、ここのまとめてみました。

引っ越し準備は誰に頼む?

引っ越し準備には、様々な作業があります。
その作業ごとに、「この人に頼もう」と考えてみるのがおすすめです。

引っ越し前の準備

・見積もりに立ち会ってくれる人・・・家族や知人
・重たいものを梱包する人・・・夫、ボーイフレンド、会社の男の子
・大型家具の解体・・・夫、ボーイフレンド
・大型家具の上のホコリを払う人・・・自分より背が高い誰か
・粗大ゴミを運ぶ人・・・夫、ボーイフレンド
・ゴミ出しをする人・・・子供や暇そうにしている誰か
・お風呂や床の掃除・・・子供や暇そうにしている誰か
・食料品を処分する人・・・家族みんなで協力する。

引っ越し当日の準備

・お弁当の買い出し・・・友人や子供、おじいちゃん、おばあちゃん
・子供の面倒を見る人・・・おじいちゃんやおばあちゃん、友人など
・引っ越し後の片付け・・・家族みんなで手伝ってもらう

などなどです。

引っ越し準備を人に上手に頼むには?

引っ越し準備を人に頼む場合にも、多少のテクニックが必要です。

まずは自分が一生懸命働いている姿を見せるようにしましょう。
また「もし時間があればなんだけど・・・」など、相手の立場に配慮するのもおすすめです。

さらに準備を手伝ってくれたら、心を込めて「ありがとう」と言うようにしましょう。

はじめは簡単なものから初め、徐々に難易度の高いものへ

人に物を頼む場合、初めから難しいことを頼んでしまうと、OKをもらいにくくなります。
はじめは簡単なものを頼み、やってくれたら、徐々に難しいことを頼むのがおすすめです。

注目のエコ素材

「エコの時代」を反映し、引っ越し業者も「反復資材」を利用した引っ越しプランを設定するようになっています。
反復資材をうまく使うと、引っ越しの手間を省き、さらに料金を安くすることもできます。

反復資材とは?

反復資材とは、何度も使える箱に引っ越し荷物を梱包することです。
従来のダンボールやガムテープを使った梱包にくらべ、次のようなメリットがあります。

・ダンボールを組み立てる必要がないので荷造りの手間が省ける
・引っ越し費用が安くなる場合がある

日通「えころじこんぽ」について

日通は、反復資材を利用した引っ越しプランについて、
・えころじこんぽセルフパック
・えころじこんぽハーフパック
・えころじこんぽフルパック
の3種類を設定しています。
えころじこんぽでは、反復資材は基本的に業者の作業員が使用することになります。

セルフパックでは、小物は全部自分で荷造りし、大物家具だけを業者が荷造りします。
ハーフパックでは、食器やクローゼットの荷造りも、業者がやってくれます。
フルパックは荷解きを含め、全て業者がやってくれます。

セルフパックは自力の部分が多いですが、それは従来通りダンボールを利用します。
反復資材が多いハーフパックのほうが、手間も省け、さらに料金も安い場合があります。

見積もりの際によく確認するのがおすすめです。

アート引越センター「エコ楽ボックス」について

アート引越センターは「エコ楽ボックス」を使った引っ越しプランを設定しています。
反復資材であるエコ楽ボックスは、無料でレンタルできます。
ですからダンボールを使うことにくらべ、大きく引っ越し料金を節約できることになります。

その上エコ楽ボックスは、組み立ての必要もなく、また荷造りもとてもラクです。
手間も省けて、非常におすすめだと言えると思います。

雨の日の引越し

引っ越しは一大作業になりますね。
1ヶ月以上前から荷物を梱包したり、様々な手続きをしたり・・・。
お金も体力もかかります。

そんな引っ越しですから、できるだけスムースに進めたいもの。
そこでこのサイトでは、
「引っ越しをスムースに進めるコツ」
をご紹介しています。

これから引っ越しをする予定がある方の、参考になりましたら幸いです。

引っ越し日が雨だったらどうするの?

お天気ばかりは思う通りになりませんよね。
ですから
「引っ越し日が雨だった・・・」
などということも、少なからず起こると思います。

雨の中の引っ越しは、どのようにしたらいいのでしょうか?

◎雨だったら引っ越しはキャンセルできるの?

雨の日に引っ越しをすると、荷物がどうしても濡れてしまうことになると思います。
「それならキャンセルすればいいのではないか・・・」
そう思う人もいると思います。

ただし、雨を理由として引っ越しをキャンセルすると、通常は「キャンセル料」を取られることになってしまいます。
「雨でも引っ越しする」
のが、引っ越し業界では常識なんですね。

キャンセル料は、前日なら引っ越し料金の10%、当日なら20%です。
ただし「台風警報」が発令されるなどという場合には、その限りではありませんので相談してみましょう。

◎業者は雨対策をしてくれないことが多い

引っ越し業者は、雨が降っていても、基本的に通常通りに作業をします。
多くの場合、荷物が雨に濡れないようには、あまり配慮してくれないんですね。

ですから雨対策は、自分でする必要があります。
雨対策の方法は、次のとおりです。

・濡らしたくない荷物はビニール袋などに入れてからダンボールに入れる
・ガムテープは、すき間がでいないよう、念入りに貼り付ける
・エアーキャップなど揮発性のあるもので梱包する

◎湿気をふくんだ布団などはどうしたら良いの?

雨の日に引っ越しすると、「濡れた」まではいかなくても、例えば布団などが湿気を含んでしまいます。
湿気を含んだものは、次のように対処しましょう。

・布団などは湿気たままで使うとカビが生えてくることもあるので、日光に干すか布団乾燥機を使いましょう。
・衣類や革製品が湿気を含んだ場合には、扇風機で乾かすのがおすすめです。

梅雨の季節などに引っ越しをすることになると、どうしても雨の日に当ってしまう可能性が高くなります。
そうなると、ダンボールに入れてあるとはいえ、引っ越し荷物が濡れたり、湿気を含んだりするんですね。

濡れたり湿気を含んだものをそのままにしてしまうと、カビの餌食になってしまいます。
ですから雨の日の引っ越し後には、「カビ対策」を万全にする必要があるわけですね。

カビ対策をする

カビはどんな時に生えるの?

カビは、繁殖するのに最適な温度は20~30℃、湿度は60~70%と言われています。
食べ物カスやホコリ、チリ、垢などがあるところで、それを栄養源にするんですね。

カビは一度発生してしまったら、拭いたり洗ったりしただけでは取れません。
ですからカビは、発生しないよう、未然の対策がひつようになります。

玄関から中に湿気を入れない工夫をしよう

まず雨の日の引っ越しでは、玄関から室内に湿気を入れないようにしましょう。
玄関先に雑巾を用意して、濡れた荷物がその場で拭けるようにしておくことがオススメです。

また濡れた足を拭けるよう、バスマットなども敷いておくようにしましょう。■衣類や革製品などはすぐに荷解きして乾燥させよう

衣類や革製品などは、湿気を含んだままにしておくと、カビが生えることになります。
すぐにダンボールから出し、扇風機の風などを利用して、乾かすようにしましょう。

布団も乾燥させる

布団も、湿気を含んだままにしておくとカビが生えます。
布団乾燥機などを利用して、乾かしておくようにするのがオススメです。